耳鳴り|キーンとする原因の治し方・治療法
耳鳴り|キーンとする原因の治し方・治療法

耳鳴りでキーンと高音が聞こえる原因と対処法

耳鳴りの中にも、様々な種類があります。
ぼーっと低音が響くような症状もあれば、逆にキーンと高音が聞こえて不快に感じられるというケースがあります。
特に多くの方が経験しているのが、キーンという音の耳鳴りです。

しかし、この耳鳴り。耳鳴りがするからと言って、気にしない方が多いのではないでしょうか?
この耳鳴りと言う症状は、起きる頻度や長さによって対処方法が変わってきます。
やはり、頻度が高い場合には、耳の病気の可能性が高くなるので放っておいてはいけません
耳鳴りは、身体からの異常を知らせるサインである事を認識しましょう。

キーンという耳鳴りの原因は?

耳鳴りの音の違いには、それぞれの原因に違いがあることが考えられます。
実はキーンという耳鳴りは、特に高齢になった時に起こりやすくなるものです。
年齢を重ねると、徐々に耳の機能が低下し、それに伴い聴力も低下してしまいます。
すると、若い頃には効き取れていた周波数の音が、聞こえにくくなることがあります。
この時、高音を聞くための聴力が低下していると、キーンという耳鳴りを感じやすくなるのです。
年齢を重ねると、まず高い音の聴力から衰え始めます。
この高い音だけが聞き取れなくなった時には、耳鳴りだけの症状があり、耳の機能が衰えているという自覚がない場合も少なくありません。
ですが、この症状は実は、老人性難聴の初期症状であり、徐々に会話音域や低音域まで効き取りにくくなってしまうので注意が必要です。
老人性難聴の場合は生理的な変化ですので、治療の対象にはなりませんが、補聴器の利用などで症状を緩和することができます。
耳鳴りを感じ始めた時には、当サイトで紹介している方法を行ってみると良いですね。
耳鳴りの中にも、様々な種類があります。

耳鳴りの原因の種類は?

耳鳴りの原因にはいくつか種類があります。
ほとんどは自分で対応できるものなので、安心してよいでしょう。
でも、当サイトで紹介している方法を試して治らないようなら病院に行った方が良いでしょう。

老人性難聴

老人性難聴とは、加齢によって起きる症状となっています。
主な原因としては、内耳の神経や血管に障害がある事です。
内耳に障害がある事で音の伝達効率が悪くなりますよね。
結果としてキーンと高音の耳鳴りが起きます。このような症状が複数組み合わさる事で、老人性難聴になるのです。

突発性難聴

突発性難聴の場合は、初期症状として片耳の閉塞感や軽いふらつきが起きます。
このような症状が発生し高音で電子音のような耳鳴りがする際は、突発性難聴になっている可能性が非常に高いです。
予期せず突然症状が現れるので、疑問に思うかもしれませんが放っておかないようにしましょう。
すぐに対処すれば突発性難聴は治ります。ですので、何でもないと軽く考えずに、早急に対処するべきなのです。

自律神経失調症

自律神経失調症は、突発性難聴や老人性難聴とは異なります。自律神経が乱れる事で、身体のバランスが悪くなるのです。
ですので、耳鳴りを始め倦怠感や微熱などの症状を現れます。耳鳴りだけであれば、耳の病気を疑えば良いですが、それ以外の症状があるのであれば自律神経失調症の可能性が高くなりますね。
この部分を判断基準として、治療をどのように行っていくのかを考えた方が良いでしょう。

一時的なキーンという耳鳴りは?

まだ高齢というほどの 年齢ではないのに、キーンという耳鳴りを感じてしまうこともあります。
このような耳鳴りは、加齢による原因だけではなく、自律神経の乱れなどにより起こることもあります
特に強いストレスなどを感じている時や、よく眠れない日が続いている時には、このような高音の耳鳴りが聞こえることがあります。
ただし、このようなストレスが関係した耳鳴りの場合は、症状が出るのは一時的であり、放っておいても気が付けば改善されているということもあります。

耳鳴りの治し方・治療法は?

耳鳴りの治し方は原因によって変わってきます。
そのため、原因別で治し方・治療法ご紹介します。

老人性難聴・突発性難聴の治し方・治療法

まずは老人性難聴・突発性難聴の治し方・治療法からご紹介します。
老人性難聴や突発性難聴は、加齢やストレスが原因になっています。
この原因が、身体の循環を悪くしているのです。
身体の循環が悪ければ、当然のように内耳まで栄養が運ばれません。
ですので、耳鳴りがしたり眩暈がしたりするのです。
これの症状を改善する為に役立つ成分と言われているのが「必須アミノ酸」。
この必須アミノ酸を効率良く体に吸収する事が出来れば、耳鳴りや眩暈と言った症状から解放されるのです。

そこで、必須アミノ酸が多く含まれている「低分子・明澄蜂の子プラスDHA」がおすすめです。
通常の蜂の子を低分子化する事で、体内への吸収率を99%にする事を実現しています。
99%も吸収されるのであれば、必要な栄養素が身体に十分に行き届く事になりますよね。
なので、「低分子・明澄蜂の子プラスDHA」を毎日摂取することで足りなくなっている必須アミノ酸を補うことが出来るわけです。

▼低分子明澄蜂の子プラスDHAの購入はこちら!▼

miminari001

自律神経失調症の治し方・治療法

キーンという耳鳴りの原因が加齢によるものである場合には、ある程度は生理的変化として、受け止める必要があります。
ですが、ストレスなどにより症状が悪化する恐れもありますので、耳鳴りが軽減で きるような工夫をしていくことが大切ですね。
このような不快な音が聞こえる大きな原因として考えられるのが、血行が悪くなっているという点です。
肩こりなどが併発している場合には、マッサージ等をして血行を促進することで、耳鳴りが軽減できることもあります。
また、ストレスは症状を悪化させますので、体を動かすなどしてストレスを発散し、ゆっくりと睡眠をとることも大切です。
耳鳴りがひどいと、なかなか眠れなくなることもありますね。
そんな時には、テレビをつけたままで寝れば、音が紛れることでキーンが気になりにくくなり、入眠しやすくなります。

耳鳴りの原因を知って予防と対策

耳鳴りが起こるのはなぜなのか・・・その原因を知ることで、よりスムーズに悩みを解決に導くことができますね。
耳鳴りが起こる原因は、実は1つではありません。
様々な問題が考えられますので、自分の場合はどれが原因になっているのか、よくチェックしてみましょう。

ストレスが原因の耳鳴り

実は耳鳴りには、ストレスが大きく関係していることが分かっています。
例えばひどいストレスを感じている時に、なんとなく体がフワフワするような目まいを感じたり、耳がキーンとするような感覚があったり、耳鳴りを感じたりします。
このようになるのは、過度のストレスにより自律神経が乱れているためであると考えられます。
例えば職場で強いストレスを抱えている、育児が辛い、睡眠不足が続いている、といった時に耳鳴りが起こる場合には、心と体を休めてあげることで、症状が改善されることもあります。

病気が原因の耳鳴り

耳鳴り自体は軽視してしまいがちな症状ですが、実はここに病気が隠されていることもありますので、注意が必要です。
例えばぼーっという耳鳴りや、耳の閉そく感を感じる場合には、メニエール病の症状である可能性が考えられます。
目まいを伴う場合は、特にその可能性が高いので、1度耳鼻科を受診してみましょう。
それからジーっという耳鳴りの場合、突発性難聴が起こる前兆である可能性があります。
悪化すると治療が難しいので、このような耳鳴りがある場合にも、できるだけ早く耳鼻科を受診することが大切です。
さらに、耳だけの病気ではなく、全身の何らかの病気が原因で耳鳴りが起こるということもあるので注意が必要です。
例えば聴神経や脳に腫瘍があったり、高血圧や低血圧、動脈硬化、腎臓の疾患、糖尿病などで耳鳴りが起こることもあります。
耳鳴りと体調不良が同時に起こっている場合には、これらの病気の可能性も考えて、医療機関で相談してみましょう。

めぐりの悪化が原因の耳鳴り

もう1つ、耳鳴りが起こる大きな原因として知られているのが、めぐりの悪化です。
何らかの原因で血行が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすると、耳鳴りの症状が起こりやすくなります。
肩こりと共に耳におかしな音が聞こえる、というケースはよくありますが、これは肩の血行が悪くなり、めぐりが滞っているのが大きな原因ですね。
体操、マッサージ、適度な休養などで肩こり対策をすると、同時に耳鳴りが改善されたりもします。
また、乱れた食生活により、血流が滞りめぐりが悪化している時にも、耳鳴りが起こることもあります。
栄養バランスの取れた食事と、適度な運動により、体のめぐりをしっかり改善して、耳鳴りを予防していきましょう。

▼低分子明澄蜂の子プラスDHAの購入はこちら!▼

miminari001